→ English Page 

研究室の紹介

片山新太研究室では、
土壌、水、地下水、底質の汚染に対して微生物を用いて浄化・無害化する技術や、環境汚染を起こす負荷物質から資源・エネルギーを回収する技術に関する研究を行っています。



1.研究室にある装置

   

  GC-MS (各種有機汚染化学物質の分析)        GC(ガス分析)

  

イオンクロマト(水中のイオン分析)  定量PCR装置(遺伝子量の測定)    インキュベータ(各種培養)

 

TOC(水中の有機炭素測定)            高速液体クロマトグラフ(酸や各種有機物の測定)

 

蛍光顕微鏡(微生物の観察)             嫌気チャンバー(嫌気性菌の取り扱い)

2. 場所

研究室は、研究所共同館IIという東山キャンパスの東端にあります。地下鉄の名古屋大学駅から歩いて15分くらいかかります。

 キャンパスマップも参考にしてください。


片山新太研究室

〒464-8603
名古屋市千種区不老町
名古屋大学
未来材料・システム研究所
(研究所共同館II
501, 502, 503, 702,704号室)